2013年09月06日

母寝取られもの05

玩具09.jpg

玩具10.jpg

交代で痴漢の男達に突かれている母は、ぐったりと男達の玩具のように好きにされています。男の尻がぶるぶる震えて注がれていることが良くわかります。疲れ果てた僕は最後迄見る事は無くとぼとぼ駅にむかいました。地元の駅前のマンガ喫茶で時間をつぶして自宅にもどりましたが、そこにはいつもの明るい母が待っていました。
posted by ぺりすこ at 18:30| Comment(2) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
ぺりすこさん
いつも、興奮させて頂いてありがとうございます。

ぺりすこさんの今回の「玩具な母」を、一連の流れにして、トマトの淫乱日記にしました。

ぺりすこさんの筆タッチ、悪魔の同級生やM快速電車の頃より少し変わってきていますね。

同級生やM快速電車の頃の、繊細な描写も好きですし、最近の粗めなタッチも雰囲気が出ていいですね。

いつかぺりすこさんに、トマト物語を描いて頂きたいと夢見ています。
Posted by トマト at 2013年09月09日 01:36
トマトさん
blogみてきたよ。あいかわらず上手やね。内面にあるドMのトマトちゃんをフェチ的な小説にしてみて。いき顔の写真をふんだんに使って皆見たがるよ!

Posted by ぺりすこ at 2013年09月09日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。