2013年08月30日

母寝取られもの03

玩具05.jpg

玩具06.jpg

痴漢達はますます図の乗り母の太ももを引っ張り上げ、股間に何人かの手が侵入しています。母は固く目をつぶりされるがままの状態です。痴漢達は交代で母のまん○を充分楽しんでいるみたいです。

ところがいつもの駅に着かないうちに母を含めて痴漢の集団は途中下車をしたのです。僕はあわてて母らの後に続いて電車を降りました。母を真ん中にその奇妙な集団は寂れた駅の先にある木々の生い茂った公園を目指しているみたいです。そっと後をついて母を観察していますが、ときどきぶるっと倒れそうになる母を両脇から痴漢達がささえているのです。

母がひょっとして犯されるのかと想像すると僕の股間は猛烈に勃起を初始め、歩くことが困難になるぐらいです。







posted by ぺりすこ at 17:28| Comment(2) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
やはり、ぺりすこーぷさんの人妻?
この年代の女性はいいなぁ!販売ものとしての
完成も楽しみですが、ラフな構想段階も勢いというか生な感覚がいいですね!
Posted by Leonardo at 2013年09月01日 00:24
Leonardoさんありがとうね。
すけべな女はいつの時代にもいたからね。わくわくするストーリーにフェチ気味なエロシーンを満載するつもり。ラフは本編とかぶるシーンも出てくるけど、完成度上げるため遠慮せずにネタをUPするつもりです。
Posted by ぺりすこ at 2013年09月01日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。