2011年05月07日

団鬼六 死去

takakura01.jpg

官能小説の第一人者、作家の団鬼六(だん・おにろく)=本名・黒岩幸彦=さんが6日午後2時6分、食道がんのため都内の病院で死去た。79歳だった。昨年1月に食道がんが発覚。手術は拒否し、放射線・投薬治療をしながらも、精力的に遊びや執筆活動に取り組み、「快楽こそ人生」という鬼六哲学を最後まで貫き通した。

日本のSM小説というジャンルをメジャーにした御大でした。昔SMセレクトとかいかにもHそうな表紙の月刊誌が大流行しました。わくわくしながら読んだ憶えがあります。他の作家さんが痛いだけの描写が多い中で先生の作品は艶があるというか追いつめて追いつめてヒロインの悔しそうな顔の表情等描写が抜きん出ていました。最近のSMは何か縛ることがメインになってきてエクササイズをみているようで不満があります。

画像は美人で評判の高倉美貴さんのシスターものです。多分ビデオで見た様な憶えがあります。今は原田伸朗さんの奥さんです。




saimin18.jpg

ぺりすこーぷHPのほうを更新というか整理して、ごちゃごちゃだったのをすっきりさせました。

http://periscope.sakura.ne.jp/index.html

画像はペリ教授の催眠セラピーです。深い催眠中ですので何してもOKです。
posted by ぺりすこ at 19:57| Comment(4) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
巨星墜つ・・・ですね。

あちきも、ぺりすこさんと同じことを感じています。

縄ばかりに、つまりテクばかりに偏り、真の精神世界を置き去りにしている自称SM愛好家が増えてきましたね。

人それぞれで、縄を覚えたての頃は、どう縛ろうかどう見せようかと一所懸命になる気持ちはわかります。若い頃、そうだった。

催眠セラピーも、すんごくよかったですww
Posted by トマト at 2011年05月08日 14:04
そうだよね。なんか縛るとそれだけで感じることが出来る人は少ないと思います。

なぜ縛られなくてはならないか?少女の時TVで姫様が悪役に縛られ猿ぐつわをかまされ、5〜6人に担ぎ上げられ連れていかれるシーンを見て、感じてしまったとか導入部分を詳しくおねがいします。
Posted by ぺりすこ at 2011年05月08日 23:26
初めまして絵里と申します。 
....艶があるというか追いつめて追いつめてヒロインの悔しそうな顔の表情等描写が抜きん出ていました....を読んで思ったのは、マゾは追い詰められて追い詰められて、どのような淫靡な悦びが待っているのか、実は、期待してるのじゃないのかなっていうことなんですね。

絵里は女装することが好きですが、女装サロンでも24でも初対面でマゾってことを簡単に見抜かれてしまうのです。
絵里に目をつけた男の人は、私がどこにも行かないように両手を後ろ手に捕まえておいて、「さぁ〜どうやって責めようかな」ってお顔をされて絵里の顔や肉体を、じっくりとご覧になられるのです。

そのときの絵里の気持ちはね「絵里のこと気に入ってくれたんだわ。さぁ〜、どんな悪戯っていうか責め方されるんだろうって」期待感で実はワクワクしてるんです... 0^;^0

縛られ熱蝋を垂らされ、弄くられて、ヨガリ声をあげ、そんな姿を多くの人たちに見られると、どういう訳か、更に興奮してしまうことは、恥ずかしいことじゃないんだよって教えてくださった団鬼六氏には、感謝の一言です。


Posted by 絵里 at 2012年08月05日 20:18
絵里さん
マゾ心を分かるSの立場からしたら、こんなにワクワクすることはないです。気取った女がグチャグチャにされた姿を想像するとたまらなく興奮します。

いろいろなシュチエーションでのマゾ責めをまだまだ作っていきます。

Posted by ぺりすこ at 2012年08月06日 22:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。