2010年11月16日

ペリ教授の催眠セラピー

saimin-blog01.jpg

潔癖性治療に訪れた豊満なヒロインを変態教授が治療にことかけていろいろなことを、ヒロインにさせます。教授は潔癖性のきっかけは電車痴漢にあると思い、当時まで遡ります。痴漢達に受けた仕打ちを教授は繰り返そうとはりきっているのです。

saimin-blog03.jpg

深い催眠状態ですのでそれこそ好き勝手に出来るのです。自分の右手が痴漢の手だと暗示をかければ、自分の右手で犯されるです。自分の右が大蛇だと暗示をかければあそこに侵入する大蛇だと思い悲鳴をあげるのです。公衆便所のsex自販機だと暗示をかければ、男達の性処理器として涙を出すのです。

おもしろい作品ができるようはりきって製作しております。

posted by ぺりすこ at 23:02| Comment(3) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
どんなことをされたんでしょうかね?
潔癖性の豊満なヒロインの深層心理が引き出されるストーリーと、ますます磨きがかかってきたぺりすこさんの画に期待します。
それにしても、もみ甲斐ののありそうなおっぱいですね・・。
Posted by 会長 at 2010年11月20日 08:54
ぺりすこ先生

おおっ!
これは面白そう^^アイディアが素晴らしいっす。

私もがんばりまっす!
Posted by やみげん at 2010年11月20日 21:34
会長さん
過去と現在の2ステージになるので、ストーリーに深みがでると思うんです。そして催眠で教授がヒロインの深層のなかにある淫乱の部分を引き出してやれば、エロい物語ができると思います。

やみげん様
アイデアはどんどん出るんですが、なかなか表現がむずかしいです。今回はヒロインと教授の2人きりですので、単調にならないよう教授の催眠でいくつかのステージに飛ばそうかと考えています。違和感無く出来るといいなと思っています。
Posted by ぺりすこ at 2010年11月21日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。