2010年09月25日

パンズ・ラビリンス



スペイン映画 パンズ・ラビリンス
ファンタジー好きですのでだいぶ前ですけど、封切りを見にいきました。
すごく美しくてダークで切なくてもの哀しいです。少女が魔法の王国のプリンセスに
なるため、3つの試練に立ち向かう話です。奇妙なモンスターが出てくるのですが
気持ちわるいんです、これはユーロのセンスですね。残酷なんですが不思議に
美しい物語です。少女なんですけどドキッとする程大人ぽい顔をするんです。
ロリ好きな人にはたまらないでしょうね。

     akuma23.jpg

同級生の連れにいたぶられる母を、どきどきしながらただ見つめるだけの
へたれな息子。息子によくみえる様に位置を考え肛門とマンコに指をぶち込み
見せつける不良。こういうシーンがいいんですよね。

画像は母はマゾ2です。
posted by ぺりすこ at 22:54| Comment(0) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。