2015年09月11日

次作 仮題「母の思い出06 混雑した電車」05

sample05.jpg

無言の責めぎあいにとうとう陥落した母は、痴漢達の肉壷に使われています。裏返しにされた母は無言で後ろから小刻みのピストン運動をされ大量の精の放出を受けるのでした。
posted by ぺりすこ at 15:09| Comment(0) | ぺりすこーぷ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。