2014年12月27日

「私は汚れたい 肉便器」最終章

ga009.jpg

ga010.jpg

何度も肛門に男の精を受け息もたえだえです。公園のトイレの床に横たわった私を、男は私のアソコを激しくこすり何度もいかせられました。「来週また来い」と言って男は出て行きました。

私は恥ずかしい余韻に浸りながら、ぼろぼろの自分の姿を見て泣きながらクタクタの私のチ○ポを自分で虐め始めました。私は変態なんです。

pas word-1.jpg

次の販売作品は「母の思い出05 パスワード」仮題です。
親戚だと言う男にもらった紙にはURLとパスワードが載っていました。そのwebsiteには母への陵辱シーンが録画されUPされていました。ケンイチは驚愕しながらも母への陵辱シーンから目を離せませんでした。

来年1月発売予定です。

posted by ぺりすこ at 18:59| Comment(6) | ぺりすこーぷ

2014年12月20日

「私は汚れたい 肉便器」07

ga008.jpg

突出した尻に男のチ○ポが突き刺さっています。頭の中が真っ白です。男は腰を掴みながら延々とピストンを繰り返しています。どこの誰かもしれない男のアソコが私の肛門を貫いているのです。

夜中に誰も来ない公衆トイレで私は半裸の状態で、突出した尻を犯されている変態マゾ女装なんです。
posted by ぺりすこ at 19:41| Comment(3) | ぺりすこーぷ

2014年12月13日

「私は汚れたい 肉便器」06

ga007.jpg
私は壁に向きながら尻を突出し立っています。男は私の尻を広げ自分の半立ちのチ○ポを押し付けます。そのまま私のチ○ポを力を込めて握ります。思わず私は被虐の声が出ます。

男は虐められている私の声を聞くとグイグイと男のチ○ポが勃起します。もうすぐですどこの誰とも分からない男に犯される肉便器の変態女装は私です。

posted by ぺりすこ at 21:13| Comment(2) | ぺりすこーぷ

2014年12月06日

「私は汚れたい 肉便器」05

ga006.jpg

さんざん私の口を蹂躙した男は私を立たせ、私のあそこを堪能し始めました。耳元で「なあチ○ポ伸ばしていいか?」「尻の穴に指入れていいか?」すごく卑猥な言葉をいやらしく囁くのです。私は「はい」と答えるのが精一杯です。お尻の穴に指を入れ、私のチ○ポを力一杯伸ばして「女声でもっと泣け!」と意地悪なささやきを続けているのです。
posted by ぺりすこ at 20:12| Comment(4) | ぺりすこーぷ