2014年03月29日

風のきららトリュビユート靴屋の女店員hpにup

kirarasmall.jpg

story&illustコーナーに「風のきららトリュビユート靴屋の女店員」をフレンチ・エロチカさんより転載してupしました。
ただフレンチ・エロチカClaudineさんと連絡とれないので、しばらく載せて削除します。

http://periscope.sakura.ne.jp/story&illust.html
posted by ぺりすこ at 21:29| Comment(0) | ぺりすこーぷ

風のきららトリビュート靴屋の女店員最終章

kutuya07.jpg

kutuya08.jpg

その人は激しく自分の性器を擦りながら私の目の奧を見つめているのです。そして全身がこわばり小さなよがり声を出しながら昇りつめてしまいました。

終わりました。太ももを閉じて立ち上がりワンピのボタンをはめているのですが、股間だけまだ開けてあります。手できつく引っぱりあげ、私にきらきら光る性器と勃起したクリを最後に見せつけました。また見に来てくださいと言う様に。

fin




posted by ぺりすこ at 15:32| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2014年03月22日

風のきららトリビュート03

kutuya05.jpg

kutuya06.jpg

その人は私の前に屈み込み靴のサイズを確認しながら、私の目を見ながら太ももを開いたのです。ノーパンの股間が丸出しになりました。太ももはすぐ閉じられたのですが、私が騒ぎ立てず席も立たずにじっとあそこを見つめていることを確認して安心したのか、靴のチェックの間、足を開いてノーパンの股間を晒したのです。

ブロンドの陰毛に縁取られたきれいな性器が丸出しです。私によく見える様に足の角度を調整してくれました。性器を丸出しにしたそのひとは、たんたんと靴の具合を調べています。長時間に渡って私はそのひとのきれいな顔と性器を見比べ充分に堪能しました。

そのひとは右手を少しずつ膝から上にむかって上げ行き、股間に到着するやはげしく性器をこすり始めたのです。その店の孤立した空間でそのひとは私の目を見ながらはげしく性器をいじめだしたのです。






posted by ぺりすこ at 00:22| Comment(10) | ぺりすこーぷ

2014年03月15日

風のきららトリビュート靴屋の女店員02

kutuya03.jpg

kutuya04.jpg

綺麗な店員さんが回りから隠された奧の椅子に案内してくれました。ショーウインドウにある靴なら在庫がございますと、倉庫から箱を持って来ました。

あらそうだったかしら?胸のボタンが2個程はずれているのに気がつきました。私の前にしやが見込み靴を履かせてくれましたが、かがみ込んだ胸からは大きく素敵な洋梨のような乳房が覗けました。

ひょっとしてわざと見せているのかと思い様子を伺っていますと、少し小さい様ですねとまた奧の倉庫に取りに向かいました。後ろ姿の大きなお尻がゆさゆさと魅力的に揺れています。

今度は胸ボタンが3つはずれ、スカートのボタンもはずれていて白い太ももがちらちらと見えます。また私の前にしゃがみ込んだ姿は完全に乳房が丸見えとなっています。私の顔色を伺う様にその人は自分の乳房を揉み始めたのです!私の目を見ながら激しく乳房を虐め!恍惚の表情で私の新しい靴を履いた足を豊満な乳房に突き刺したのです。









posted by ぺりすこ at 21:21| Comment(7) | ぺりすこーぷ

2014年03月09日

風のきららトリビュート靴屋の女店員

kutuya01.jpg

kutuya02.jpg

今は更新止まっているみたいですが、10年程前は毎日の様に訪問していました。皆さん御存知かと思いますがふれんち・えろちかさんのフランス小説翻訳サイトです。膨大な量があります。

昔何かのエッセイで翻訳者の方が学生時代トークンの女教師を辞書片手に原書を夢中になって読んだ話を覚えています。欧米のエロ小説は日本物と違ったドライな魅力があります。

短編集の中のレズ物の名作「風のきらら」が大好きですので絵にしてみます。完成しましたら転載のお願いをしてみるつもりです。

ふれんち・えろちか 短編集「風のきらら」

http://claudine.h.fc2.com/menu.html






posted by ぺりすこ at 15:19| Comment(6) | ぺりすこーぷ