2013年11月23日

驕りの王国 王女の災難04

night06.jpg

night07.jpg

大臣に薬を盛られたらしい、体が熱くて仕方が無い。大臣は平然と次の部屋で責められている、先の戦で捕虜になったルビー王女を覗かせました。王女様はブルブル震えながらもルビー王女の下半身に張り付いている醜悪な小動物から目を離せませんでした。

このままでは王女の身が危ない私は戦闘モードに入ろうとするのですが、あそこが燃えるんです。誰でもいい私の穴にぶち込んで欲しい気持がぐんぐん大きくなってくるんです。私が毒味で少し飲んだくらいですから、しっかり飲んだ王女様はいったいどうなっているか?まずいまずい何とかしなければ。



posted by ぺりすこ at 12:50| Comment(0) | ぺりすこーぷ