2013年09月15日

母の思い出 往診04

ousin06.jpg

ousin07.jpg

母を裸に剥いたお医者はさんざんいたぶり、息も絶え絶えの母を毒々しい一物で抉り倒したのです。パンパン音を立てて母の大きな尻が変形しています。母の性器は埋め込まれ捲り上げられ、散々な目にあっています。

母の苦悩の顔をニヤニヤ眺めながら何度も突き立てたお医者は一言叫ぶと腰をぶるぶる震えさせながら母にとどめのひと突きを力一杯突き立てたのでした。

お医者が帰った時放心しながら、また熱が出ないかなあと思うのでした。

posted by ぺりすこ at 20:47| Comment(2) | ぺりすこーぷ