2012年10月13日

車の窓が開いていたらOKよ04

window04.jpg

おじさんは私が抵抗しないのを確認して、ドアを開け下半身を外に引きずりだしました。ヒャという空気の冷たさを感じながら、おじさんは太ももを広げ顔を突っ込み私のあそこをしゃぶり出しました。

乱暴なんですすごい力で吸い上げ固さを確認するように歯でしごくんです。私の声が小さいと歯でぐりぐり根元を噛み砕くのです。私は精一杯いやらしい声をおじさんに聞かせながら何度も絶頂を繰り返すのです。

何度も私の精を飲み込みながらまだ満足できないのか、私のお尻の穴に指を差し込み、はげしく動かしながら最後の一滴まで絞り上げてようやく解放してくれました。

私のグダグタになったあそこを吐き出し、私の顔を見ながらのあそこを手で強烈に揉み上げ、私の苦痛の顔をみながら「明日もくるんだぞ!」と繰り返し命令されました。

夜の公園通りで駐車中の車から裸の下半身を晒して余韻に浸っている変態のマゾ女装は明日も来なくてはと思っています。

posted by ぺりすこ at 10:52| Comment(2) | ぺりすこーぷ