2010年08月28日

A級な人達



まだまだ若い頃フリーランスの印刷デザイナーとして、印刷物の設計図を作る仕事を生業としてきました。仕事は順調でしたが運転資金(生活費)が無いのです。1つの案件が完了するのに平均3ヶ月その後に請求書を発行するのですが100日手形とか訳の分からん先付け小切手等、現金が入ってくるのが遅すぎるんです。こまったなーといつも思ってました。広告代理店の担当者にいろいろ情報を教えてもらう内にこんなのあるよと紹介してもらったのがスーパーのチラシのレイアウトでした。

D3サイズ(輪転印刷は紙サイズD巻きサイズ)が多いんですけど表面に商品100点裏面に商品150点これを紙に何でもいいんですが配置が分かる様に線や文字を書き込んでいくんです。指定原稿とか割り付けとかいうんですが、少し技術がいるんですが慣れてくると両面1日で仕上げられます、手離れが早いのです。
ギャラが私の場合でD3両面で60,000円でした。どこの印刷屋や広告屋も20〜30万円以下の場合翌月振込でしたので何軒か掛け持ちで月に10〜15本仕上げていました。印刷用語は日本中一緒なのでそれこそ包丁1本さらしに巻いての世界なのです。

ある日安売り紳士服のチラシの仕事をくれている広告屋に打ち合わせをしている時に、何げに机の上にチラシデザインのコピーがおいてありました。人目みてびっくりしました。うまいんです!紳士服のチラシはモデルが着ている服のシルエットをしっかり出して高級なスーツが安いよのイメージをうまく出さないといけないのですが、なかなか絵にならなくて難しいです。担当の人に聞いたところ最近使い出したプロダクションの20代前半の社員だそうです。当時私は30代バリバリの現役です内心これは負けた仕事全部とられるなと思いました。

1年後また仕事でその広告屋からお呼びがありました。何気にあの上手な人はどうしましたと聞いたところ、なんでも東京の有名なデザイン事務所に移ったそうです。他の人ではへた過ぎるのでまた私を使うということです。そこで思いましたA級な人は怖くないすぐいなくなる。

デジタル時代大手スーパーの全店統一チラシのデザインコンペが年に何回かあり、私の居候している印刷会社も参加します。7〜8社程度コンペに参加しているんですが、何年間もいつも採用される名古屋で中堅の印刷屋があります。とにかくデザインが頭1つ抜きん出ています。クライアントの要求を満たしながらも読みやすく毎回いいデザインを提出します。私も一度勝負してみたかったですが当時は家電チラシ専属でしたので私はコンペデザインの制作には参加出来なかったです。いつも勝てない他の印刷屋はその人の前回のデザインの物まねまでするようになりました。うわさでは儲けて自社ビル建てたそうです。

そのA級なデザイナーは女性だそうですが本当に個人の力量で何千万と動く恐ろしい世界なんです。詳しいことは知りませんがそのデザイナーがやめた時怒濤の各社争奪戦が始まりました。でももうチラシの仕事はしないという事みたいで終決したみたいです。やはりA級な人はすぐいなくなる!じき私もやめたんですが誰も争奪戦はしてくれませんでした。はは。
続きを読む
posted by ぺりすこ at 21:38| Comment(2) | ぺりすこーぷ

2010年08月24日

女装物語2販売日



女装子物語2 バイエルンの王子

DMMは販売が開始されています。

デジケット・コムは販売が開始されています。

DLsite.comは8月27日金予定です。

よろしくお願いします。

http://periscope.sakura.ne.jp/sale_.html

posted by ぺりすこ at 19:56| Comment(2) | ぺりすこーぷ

2010年08月20日

バイエルンの王子ほぼ完成です。

byern01.jpg

本編カラー表紙込みで41P おまけ4P SS付きカラーイラスト6枚モノクロイラスト6枚最終チェックしています。近日委託DLshopにUP予定です。販売日等分かり次第お知らせします。今回もよろしくお願いします。

byern02.jpg

おまけの「車の窓が空いていれば何してもいいよ」
月に1度○○運動場横の路上で車の中でミニスカートで待っている子がいます。窓が開いていれば何してもOKだそうです。そろそろと中を伺いながら男が近づいていきます。もう1つのおまけは「俺は女装専門痴漢」です。

posted by ぺりすこ at 22:06| Comment(4) | ぺりすこーぷ

2010年08月16日

脱走飛行兵

95式.jpg

二十代前半に勤めていた会社があります。社長は新しい営業車が来ると一度自分で運転してみるんですが、前の道路を1速ギヤ全開で走るのです。皆ヒャヒャしながら見てるんです。なんであんな運転するのかなーて思ってたんですが、社長免許持ってないのですが何と元日本帝国軍航空兵だったんです。もっとも私はぼうやでしたし遊びに夢中でしたから、社長とためで戦争の話など聞こうとは思いもしませんでした。

何年かして社長の知り合いが課長と話をしているのを何気に聞いていたところ、「おたくの社長戦争の話あまりしないでしょう。先輩の航空兵2人で飛行機かっぱらって逃げたんですよ。」へーと思いました。陸軍では恐怖やいじめで脱走する兵はよくいるんですが、航空兵が飛行機ごと逃げるなんて聞いたことないです。当時はいずれ社長に聞こうと思ってましたがそれきりでした。今では聞いとけばよかったと後悔しています。

陸軍機なら大陸ですかね満州国無くなってソ連が攻めてきたら、撤退に乗じてそのまま日本まで。マンガ的には南方の海軍機がいいですね島から島へ燃料もとめて少しづつ日本に、フロート付きの機体で敵に見つからない様水面ぎりぎりをそーと逃げるんです。小林源文さんならおもしろいマンガになるでしょうね。

一時期の平和かも知れませんがご飯一杯食べれた時代に生まれてよかった。

新作バイエルンの王子はもうすぐUPです。

posted by ぺりすこ at 19:57| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年08月12日

鳥山さんネタ

18go.jpg

地元ということで鳥山さんネタをひとつ、週刊ジャンプのdrスランプは毎週かかさず見てました、くすくす笑えるギャグのセンスやイラストに近いマンガ(空間設定が抜群にうまいのでデザイナー出身かなと思ってました)は個性的でした。話をしたとか会ったとかはもちろんありませんがうわさはたまに聞きました。

私が外注仕事をもらっていたデザイン企画会社に鳥山さん在籍してた事は後で知りました。普通の会社で当時は20人ぐらい社員がいました。大根が100円とかスーパーのチラシのデザインが主でした、しばらくしてばかな親会社の倒産で連鎖倒産しました。

現在昼間手伝いにいっている会社の企画部長は昔鳥山さんと机を並べて仕事していたと聞きました。鳥山さんバイトだと思うんですが部長が販促物のスペース空いてるからイラスト描いてと頼むとスラスラとすばらしいイラストを描いたそうです。

近所の商店街の小さな金融機関利用してたそうですが、ある日1億円の入金があったそうです。(印税?)その小さな金融機関は大騒ぎになり鳥山氏とは何者ということで、支店長以下ごあいさつに鳥山宅に伺ったそうです。

印税で家を新築したのですが、カーテン会社の人からの又聞きですと外国製のすごい製品を付けにいったそうです。外観は普通の家ですが中はすごーくお金がかかってるそうです。当時まさか世界の鳥山になるなんて思ってもいませんでした。


              
posted by ぺりすこ at 12:00| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年08月07日

残暑お見舞い

2010summer_bc.jpg

リンク先の「黒い教室」様より暑中お見舞いいただきました。こちらのサイトはとにかく前向きです。どんどん新作出しています、最近は同人誌印刷本まで発行しております。印刷は私も何十年経験してますけど、めんどくさいです。何人かの絵師さんにお願いしてあと色塗りとか委託先へのアップデートとか仕事いっぱいだと思います。もう小さな会社ですね。

2010summer.jpg

ぺりすこの残暑見舞いです。いつも2〜3時間でひーひー言いながら作ります。新作の追い込みの最中ですが気分転換にいいです。でも表仕事もなぜか入ってきますエロい気分で描いているのに、気持ちを切り替えて取りかからなくては。

続きを読む
posted by ぺりすこ at 23:17| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年08月05日

DMM半額セール

k-560

DMMの半額セール抽選に選ばれました。
2010.8.17火まで半額です。

http://www.dmm.co.jp/digital/nijigen/campaign/half/doujin_html/=/ch_navi=/
posted by ぺりすこ at 11:47| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年08月04日

スペシャリスト

snaiper01.jpg

なぜかスナイパーものが好きです(ネタばれ注意)。戦争中でも個人行動が普通で狙撃手同士の手に汗握る駆け引きにワクワクします。山猫は眠らない、スターリングラード、極大射程。特にS・ハンターさん大好きでほとんどの作品読んでるんですけど、巻き込まれ形の極大射程の文庫本は仕事机の中に有り暇見ては何度も好きなシーンを読み返していました。とかく権力者や金持ちは一般人を舐めています、自分たちの計画に嵌めようと戦争の英雄世捨て人の南部人スワイガーを騙し暗殺者の犯人に仕立て上げられます。

からくも脱出して怒濤の反撃が始まります。犯人は別人と疑っていたFBIの捜査官が悪役3人に自殺用器具(これが面白、自分で握った拳銃を強制的に頭に持ってきます。)もう少しで拳銃が頭に付きます、その時湖の奥から狙撃音!何と揺れる船の上から悪役3人の頭を狙撃しました。

相手はえらい者を選んでしまったとなりふり構わず殺そうと、南米から100人程のパンサー大隊を呼びつけます。このシーンがしびれます山の上にスワイガーを追いつめヘリコと屈強のパンサー大隊で一気に殺そうとしますが、山頂に仲間のFBI捜査官と愛用の狙撃銃と十分な銃弾を用意していたのです。

阿鼻驚嘆のシーンが続きます動く者、兵士をどやす下士官や将校を先にヒットしていきます。もう半分以上が殺され恐怖に逃げ出す者にもバンバン撃ちまくります。映画ではこのシーンが無くてがっかりしました。オチとして最後に法廷でのやり取りも、ツッコミ所はあるのですがすっきりします。

実際戦争で名スナイパーと言われた人たちが400人以上殺してると聞くと、100機以上撃墜したエースパイロットと比べるとやっぱり人殺しと思ってしまいます。戦争中は狙撃兵は嫌われ見つかれば捕虜にせず殺されたそうです。生き残ってる奴はやはりすごいんです。



           続きを読む
posted by ぺりすこ at 23:14| Comment(0) | ぺりすこーぷ