2010年07月29日

デジタル黎明期

8500-02.jpg

今はパソコンで印刷するのは当たり前ですが、当時印刷デザイナーがデジタルに変更したての頃、今からは想像できない珍事がままありました。私も同じ業種の同級生に誘われ分け分からずアップル社のマッキントッシュのPCを、B4モノクロプリンターやスキャナー等を業者のいいなりで400万円(最終的にはEクラスが余裕で買えるぐらいPCに金使いました。)でリース導入したのはいいけど、まずソフトの動かし方がわからない解説書が英語直訳みたいで、何書いてあるかさっぱりでした。とりあえずPCに慣れるためと思いながらゲームばかりしていました。

1〜2年後外注先の1社から流通のチラシをデジタル化するからこないかと誘われました。この会社世界でも有名な大企業で金持ってるから設備もすごいんです。この先デジタルできないと生き残れないと判断して渡りに船と誘いに乗りました。待遇は外注のままです、事務所を閉めたので年間の固定経費を心配しなくてよくなりました。

8人程デザイナーが集まりました。PCはPower Mac8500でした。ただ皆デジタル知識は私とそう変わらなかったです。詳しい人もいないし、何を聞いていいのかわかりませんでした。ある人はデザイン起のとき文字スペースを□□□□□□□□と打つんでが、しかくしかくしかくしかくとタイピングしていました。コピーペーストを知らなかったんです。私もしかくしかくしかくとひたすらタイピングしていました。

チラシ関係の製版(フイルム作り)は外注でしたが営業の人自身もデジタル知識さっぱりで文字が引っ付くのでちゃんと作ってくれと言うんですが、どうすればいいのかこちらも分からず営業も分からずとんちんかんな言い合いが続きました。随分経ってから結局こちらのPCのソフトイラストレータの環境設定で文字の字間をつめるにクリックすれば全て解決できました。(作り込んで広がりすぎた文字間をカーニンで1文字1文字つめていたのです。)

あるデザイナーはJRのポスターをグラデーションばんばん使って校了させましたが、
フイルム出力に34時間かかったそうです。やっぱり怒られていました。当時イラレは出力に時間がかかるのでクオークという編集ソフトを使えといわれました(容量が軽いのです。)が、イラレで作ったデータをわざわざクオークに貼り込むのはめんどうでした。中には全てイラレで作り最後にクオークに貼付ける豪のものもいました。

ある外注デザイナーから助けてくれと電話がありました。なんでもフリーズしたとのことですが、まーしょうがないので再起動したらといいましたが、何とこの人一度も保存してないのです。すべて作ってから保存するのだと自分のなかで思っていたみたい。徹夜したデータが無くなりました。

私は注意ぶかく作っていましたが、変な画像を貼り込んだ瞬間すべて飛びました!
慌てふためいてついcommand S(保存)を押してしまい、ますます慌てふためきました。・・・・・2日余分にかかりました。

今はもうフイルム作らず直接データから印刷するそうです。PCの性能も飛躍的あがり当時を知る人間としては昔は苦労したんだぞと思わず若いデザイナーにこぼすおやじがここにいます。
続きを読む
posted by ぺりすこ at 22:54| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年07月24日

さむらい

samurai01.jpg

日本刀が海外で人気だそうです。特に許可書のいらないアメリカでは日本より古刀が多いそうです。スターウオーズや古いところではシュワちゃんのコナンザグレートでの正剣の構えはかっこいいから日本の剣術からパクったそうです。刀の研究者もたくさんみえるそうです。元寇のとき鎌倉武士の刀と元の刀(モンゴル騎馬民族では馬の上から使う刀)では性能の差があったそうです。昼間は弓や爆薬で元に分があったのですが、鎌倉武士の夜襲に怯え海上の船で寝てたため台風で全滅したそうです。日本刀が日本を救ったと研究者は発表しています。

大分前の話ですけど藤沢周平さんの隠し剣シリーズ読み出したら止まりません。(ネタばれ注意)どろどろと昔からの日本特有の悲壮感に演出された映画より原作は爽やかです。封建時代の窮屈な武家社会で最後に見せる一子相伝の必殺剣!スカっとします。いくつも隠し剣物語はありますがそのうちの臆病剣松風を思い出しました。
平凡でさえない主人公がお家騒動に巻き込まれ最後に悪役家老とその家来に廊下で襲われます。「いやーっ」悪役家老達の渾身の一振り二振りすざましい攻撃「ひーっ、助けて!」と弱気ながらことごとく太刀で受け流します。その内悪役家老達の方が「はあーは、ぜいぜい」言いながら???と思います。ただの一撃で簡単に殺せると思っていた相手は実はどんな攻撃でも受け流すことができる「松風」の使い手だったんです。

おっとりと味方が現れますが「見よあれが秘剣松風なるぞ。強風に逆らわず松の木の様にたなびく姿がみごとである。」主人公の必死の戦いを他のもの達に伝える味方のおっさんに、早く助けてやれよと思わずつ込みました。


続きを読む
posted by ぺりすこ at 21:12| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年07月16日

イメージの魔術師

erole01.jpg

エロール・ル・カイン

仕事らしい仕事が少しづつ入り始めた頃、宝石店の印刷用広告デザインをいくつかまかされるようなりました。ちらし、ポスター、TV用フィリップ、DM等定番なんですが、私の場合はビジュアルの核になるものを提案するんです。例えばトランプをイメージのメインにして「ハートのエースが見つかります!!」10周年記念でしたら立体のケーキを作り宝石で飾りそれを撮影してメインビジュアルにしました。それに合わせて紙面やDMをデザインしていくんですけど当時はパソコンの無いアナグロ時代です。パステルで色をのせ指で擦り付け、カラーコピー使いまくりで作り込むです。
小さなイラストがあるといいなーと思うスペースがあると、エロールさん風に似せた小物イラストを配置しました。

エロールさんの作品は仕事にかこつけていくつか持ってます。もうため息つきまくりです。背景によく使う東洋と西洋そしてイスラム風の文様にしびれます。画像はおなじみのシンデレラです。

続きを読む
posted by ぺりすこ at 23:30| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年07月14日

コンバット

combatto.jpg

今度の作品がドイツ騎士団ということで、ドイツネタをひとつ子供の頃リアルでTVドラマでアメリカ戦争ドラマ「コンバット」をかかさず見ていました。渋ーいサンダース軍曹役のビックモローがかっこよくて、愛用のトップソン自動小銃、戦闘では3〜5連発づつ小分けに撃っていました。それがいかにもベテランらしかったです。内容は戦闘3人間ドラマ7という感じで、レギュラーが5人ぐらいで新人はその回に死にました。ドラマ部分は他ごとしてて戦闘状態になると必死に見ていました。

日本で人気絶頂の時ビックモロー日本に来たんです。TVニュースで飛行機のタラップに立ったビックモロー見て私はどん引きしました。トンプソン持ったアメリカ兵なんです、上の写真にあるスタイルそのままでかっこ付けているんです。びっくり!子供心にもいいんかなーと思いました。今だったら即逮捕ですね。

モローさんB級映画ばかりでしたがずーと役者を続けていました。日本のSF映画にも出演されていました。トワイライトゾーンの撮影事故の訃報を知ってコンバットの渋い渋いサンダース軍曹を思い出しました。

さて敵役のドイツ兵ですがアメリカ兵を見つけると皆「アメリカーナ」と叫ぶんです。ドイツ語ではアメリカ人を「アメリカーナ」と呼ぶんだと1つ憶えました。たまにたまにドイツ戦車が出てくるんです!弟と2人でおおーと言いながら食い入る様に眺めていました。でもどーも変、アメリカ製のシャーマン戦車そっくりなんです。ペンキで黒十字をいいかげんに塗ったほこりひとつついていないボデイ、それもたった1台コトコト向かってくるんです。子供心にもアメリカでも予算が無いことが有るんだとさみしくなりました。

ドイツ兵ですけどたまに将校が登場します。兵隊がヘルメットをかぶっているのに帽子1つで拳銃1丁だけ何て勇敢な奴らだと思いました。政治的抜きでファンになりました。その後いろいろ知る様になりましたが、将校の軍服はオーダーメイドの私物なんです。歴史のヨーロッパですね、それでフィットしててかっこいいです。私でもどーせ死ぬかも知れないならオーダーに何十万かかっても平気です。逆にそれなりのかっこしてるから勇敢に戦ったのでしょうね。

現在のドイツでの日本アニメ、マンガはどうなんでしょう。ドイツのマンガ現状

http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_17.html

一部の若者だけだと思いますが、10年20年後は世界中ですばらしい作品があふれるのを期待しています。
続きを読む
posted by ぺりすこ at 20:47| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年07月09日

また昔の話

bycik01.jpg

また昔の話で申し訳ないです。
最近自転車ブームだそうです。マウンテンバイクよりロードレーサーがいいみたいですね。やせている人がヘルメットかぶってビューンかっこいい!20年以上前一時ロードレーサーに凝りました。乗るよりも組み立てに。フレームはオーダーではなかったのですが、つるしのタンゲのクロモリでした。組み立てスタンドにフレームを固定して、1ヶ月に一度小遣いが入ると名古屋の港区にカトーサイクルという、並行ものの部品を買いにいきました。お目当てはイタリアカンパニョーラのパーツです。

当時性能は日本のシマノ、耐久性はカンパと言われていました。ツールドフランスではやはりどのチームもカンパでした。1年以上かかって部品をすべて揃えました。ディレイラーはカンパのスーパーレコードチタンボルト付きでした。たしか一番高くて¥35.000ぐらい出したと思いました。何と言うかシマノと比べてアルミがすごくきれいで重量感があり丈夫そうでrogoが黒ふちでかっこよかったです。タイヤホイールがmavic、タイヤがコンチネンタル、ハンドルポストがチネリ、ブレーキがドブロ、クランクがシモノのデュラエース等全部かっこうで選びました。

とうとう完成して靴まで買って試運転したのですが、ペダル、ハンドルぐらぐら!
大慌てで締め直して再挑戦!すごくスピードはでるんですがたちが強くてハンドルがすごくシビアなんですね。ロードレーサーはかっこいいけど疲れる。それ以来部屋の飾りでした。今は分解して天袋のなかです。(画像は無関係です。)













続きを読む
posted by ぺりすこ at 23:35| Comment(0) | ぺりすこーぷ

2010年07月02日

好きなもの2

ゼイラム01.jpg

まだ仕事が少なく事務所でポーとしていた頃、毎日ビデオ三昧していました。
洋画とPばかりではと、邦画を何本か借りた中に雨宮慶太さんのゼイラムを偶然みてしまいました。すごくチープなんですけどものすごく面白い!すごく強い女賞金かせぎと怪物ゼイラムそれと巻き込まれのおっさんと若者。基本4人ぐらいしか出てこないんですけどこの2人、R2D2+c3POまたは大元の黒沢監督の隠し砦での3悪人みたいな狂言回しをして、あきさせずドキドキの展開をみせてくれました。

あとで知ったのですが、ゼイラム2に殺され役の賞金かせぎを一般公募したんだそうです。どこかの駅早朝集合そしてどこかのお寺の中庭で撮影というスケジュールだったそうです。もちろんそのシーンは見たんですが、みんなすげーコスプレ!マニアだ!でも何十人もエイリアンのコスプレが早朝の駅にたむろしてて他の人びっくりだったんだろうな?

続きを読む
posted by ぺりすこ at 23:16| Comment(0) | ぺりすこーぷ